忍者ブログ

富士宮口から富士山を見上げる

富士宮口から、登山情報をお届けします。

良い話

2017/08/20(Sun)09:40

良い話

 先日、同僚ナビからこんな話を聞きました。

 何時頃だったか確か遅番勤務時に、協力金徴収小屋の東横に中国人らしきグループがザック等を置いたそうな。

 皆で売店かトイレに行こうとした際、誰が残るか相談した模様。

 その中の人曰く「(ここは)日本だから大丈夫だよ」と言って、皆が荷物を置いて行ったとのこと。 

 他に、拾い物や財布が届けられたりし、今夜(19日)のテレビ番組で放送していた都会電車のラッシュアワー時に整列した乗車等など。

 富士山麓に生まれ育った日本人として、誇れると言うか少し嬉しくなりました。

 ナビの業務も三分の二を過ぎ、余すところ実働14日となりました。

 日も短く(日の出遅く、日没早く)なり、気温も下がり西風も強めになりますが、登山者の安全を祈るばかりです。                                                         日本人ナビゲーター

PR

No.423|Comment(0)Trackback

18日午後・5合目からの富士山

2017/08/18(Fri)15:41

18日15時現在、気温18℃・西風3~4m/sec・晴れ

 交代時は霧の中で小雨でしたが、14時過ぎから晴れ間も。下は西臼塚から上は山頂まで見えています。

 ただ、夏山らしく刻々と変化していますが、雨雲予想をみる限りでは今のところ21時過ぎまで降雨はなさそうです。

 明日も今日のように午前中はよさそうです。御来光も見えるといいと希望的観測です。

 午後からの登山目的は、山頂での御来仰と言っても過言ではないでしょう。


No.422|Comment(0)Trackback

18日早朝

2017/08/18(Fri)09:00

18日午前4時現在

  富士宮市の海抜150M付近の麓の気温(室内)25℃・湿度79%

  山頂の気温5.7℃(3:50)

  麓から富士山は見えませんが、まとまった雨雲がみられないことから山頂付近からの御来光は見えたものと思われます。

  これは、標高1,000~2,000m程にかけて層雲が張り詰めているためで五合目辺りから山頂は見えているでしょう。

  予想では、3~5時間後の8~14時頃まで弱めの雲が通過するものの15~17時頃まで晴れ間も見えそうです。

  18時前後から海抜500M付近から1000M辺りにかけて雨が降るかも知れません。

  明日もオ ホ-ツク海高気圧が強めで、太平洋高気圧の張り出しが弱く、湿った東風が入り易い関東や東北の太平洋側では雨が降り易い予報が出ていますが、富士山では早朝から午前中くらいは良さそうです。一年を通して東風の場合は天気が下り坂です。また、日中に南風の時は斜面上昇風が積雲から積乱雲となり雷や雨となることが多い模様です。

 17日17時頃指導センター前から西側を見る。



No.421|Comment(0)Trackback

富士宮駅登山バス

2017/08/17(Thu)13:57

8月16日富士宮駅から富士山5合目に向うバスに乗り込む登山者
この時期は、日本に働きに来ているインドネシア人やベトナム人が、職場のお盆休みを利用しての富士登山が多いです。



No.420|Comment(0)Trackback

霧の5合目

2017/08/16(Wed)09:20

 6:30現在、15℃無風・霧雨

 天候が思わしくないせいか人数は少なめです。

 旧盆の16日ですから天気さえ良ければ、もっと多くの登山者が訪れたものと思われます。

 今年の旧盆は、天候に恵まれなかったと言えそうです。

表口富士宮5合目 富士山登り口

No.419|Comment(0)Trackback

10日遅番

2017/08/10(Thu)20:13

10日20時・雨
 気温 15度 
 山頂は8.6度
 この天気でも山頂を目指して登る人がいます。
 気をつけて登って貰いたいと思います。

 霧の中の5合目のバス切符売り場。

No.418|Comment(0)Trackback

10日の朝

2017/08/10(Thu)10:25

 8月10日(木)6:30現在

 気温16℃・西の風8m/sec・快晴、山頂まで良く見えています。



 

No.417|Comment(0)Trackback

気持ちの良い朝

2017/08/09(Wed)09:12

8月9日(水)6:30現在、五合目の気温20℃で無風。

 伊豆半島から御前崎方面まで良く見えています。伊豆の大島も下層雲の上に頭を出しています。

 山頂もよく見えて、今シーズン最高の登山日和です。

 出来るものならこのような日に登って、富士山を満喫して欲しいものです。

 天気予報は、「東海地方に湿った空気が流れ込む。静岡県内は大体晴れるが、午後は雲が広がりやすい。西寄りの風がやや強く吹く。海ではうねりを伴い波が高い。最高気温は平年より高く、猛暑日の所も。こまめに水分を補給するなど熱中症に警戒」

 6時のラジオでは、「東の風のち南の風」との事 でした。

 勤務時間内に、このことを検証してみたいと思っています。


No.416|Comment(0)Trackback

駿河湾

2017/08/08(Tue)14:54

台風5号が通過した、8月8日10時頃、表富士宮口5合目から駿河湾を望む。
山頂は雲の中だったが、伊豆半島、三保の松原などを見る事ができた。

No.415|Comment(0)Trackback

富士を仰いで田子の浦

2017/08/07(Mon)10:17

「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にぞ

富士の高嶺に雪は降りける」(万葉集:山部赤人)

この歌は山部赤人がおよそ1300年程前に、政府の役人として東国に赴く道すがら雄大で神秘的な富士山の印象を詠んだものと言われている。

 

富士山は私にとって故郷の山で、物心ついたころからずっと日常の光景として

慣れ親しみ、春夏秋冬それぞれの季節の表情と接してきた。

子供のころ田子の浦海岸で雄大な富士山を背によく遊んだものである。

南には駿河湾の海原が広がり、少年時代の夢、青春時代の思いは青く広い海のうねりの

遥かむこう、遠く太平洋の彼方に運ばれていくようだった。それを富士山が更に後押ししてくれていた。

年月が経ち、人生の経験を重ねてゆくうちに富士山の存在はさらに身近なものに

感じられるようになった。  

 

山部赤人の奈良時代と現代の富士山周辺は様変わりしている。しかし富士山の荘厳で雄大な姿は今も私たちに当時と変わらぬ感動を与え続けていると思う。

私も自分なりの表現方法で富士山に対する感謝の気持ちを表したいと思っている。

 

ところで、富士登山には一般的には4ルートがある。各登山口5合目までシャトルバスなどで行きそこを起点に頂上を目指す。 

また田子の浦海岸の「ふじのくに田子の浦みなと公園」がスタートラインとなる「富士登山ルート3776 富士山へ、0からの挑戦 」という登山ルートがあり、4日ほどかけて山頂を目指す。この公園には山部赤人が詠んだ上記の歌碑が北は富士山、南は駿河の海に面し立っている。

ナビゲーターSS


No.414|Comment(0)Trackback