忍者ブログ

富士宮口から富士山を見上げる

富士宮口から、登山情報をお届けします。

雨は極地的

2016/08/03(Wed)14:29

 13:00の水ヶ塚   宝永山が一時的に顔を出す。
 10時頃から激しい雨が降った由。
 正午頃、1合目上辺りから路肩を洪水の様に流れていた。12:30頃には止み、南方には晴れ間も。
 14:30現在、25℃弱で東向きの微風。雷の予報も出ている。予報の「ところにより雨」とはどの辺りか!一般論としては山沿い地方か?大気は気圧配置と寒気、上空と地形とか日射の影響など等を3次元で受ける為、登山指数等は恒常的に変化する。天気に関する問い合わせは多いが、回答が難しい。
  梅雨明け後、この時期の特徴として高所から上空の風速がとても弱い。標高1500mの地点より下層の方が「場の風」として吹いている。8月も中旬を過ぎると山も海も荒れ易くなると言う。
  3日は南方と極地的な低気圧の影響かまだ不安定。明日から高気圧が張り出してきそうなので今日よりは良くなりそう。但し、あくまでも予報でしかないので、自分なりの観天望気と防寒・雨具・防水靴・手袋・ザックカバー・着替え・ライトなど等、いつでも用心が必要。
   16時過ぎにアイドル山鳩が最接近。雨が 降ったら小屋に入りたいのか、餌が欲しいのか⁉︎
 次は富士山の笠雲とか観天望気について述べてみたい。  K.I
PR

No.322|Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字