忍者ブログ

富士宮口から富士山を見上げる

富士宮口から、登山情報をお届けします。

宝永コースでの事故

2013/08/17(Sat)08:57


胸突山荘スタッフの皆さん

九合五勺には三井さんが経営している胸突山荘がある。胸突き八丁とは872mの急斜面の道の
ことだそうだ。この日はミス富士山が来たという事で若いスタッフの皆さんが外へ飛び出してきて
記念写真。生きの良い若いスタッフが元気をくれる胸突山荘で一休みしてから、富士登山最後の
難関を乗り切りたい。金剛杖も富士宮ルートで唯一、日付の入る焼印を押してくれる。

17日、宝永遊歩道で事故があった。六合目、宝永山荘のすぐ東側の遊歩道から小学生が足を
滑らせて登山道から谷側に落ちてしまった。救助に当たった人が、脳みそが飛び出してしまった
のではないかと思うほど頭にひどい傷を負い、ヘリコプターを呼んで病院に運んだそうだ。
命に別状はなかったとの事だったが後遺症が残らなければ良いがと心配する向きもある。
宝永コースも一歩間違うと非常に危険だという意識を持って歩いて欲しいと思う。




PR

No.151|Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字